(=^・^=)の部屋 写真館

こんどはソウル!歩け歩け!

語学留学している 大学時代の友人が、「自分がおる間にきなさい」と 誘ってくれたので、
またもや海外旅行です。・・・・が・・・15時間のハードな個人ツアーになろうとは。
まずは おいしいお粥で腹ごしらえです。8時開店なのに、店の人 8時に店をあけに
きました。.。o ○
c0122455_13531927.jpg


キムチになるお野菜です。ぱすぱすと乾燥した感じでしたね。
水気のないほうが、おいしいキムチがつくれるのだとか・・・・・。
c0122455_13553221.jpg


いよいよ世界遺産 景福宮(キョンボックン)の観光です。
ここは日本人なら日本語のガイドさんに 集団で案内してもらうように なってます。
この日は観光日和で韓国のひとも たくさんおられましたが、黒い頭。みな日本人です。
c0122455_135810100.jpg


同じく
c0122455_13584477.jpg


同じく
c0122455_13591785.jpg


同じく
c0122455_13594694.jpg


とにかくヒトが多いので、ガイドさんの説明について回れるひとは わずかです。
c0122455_1404315.jpg


ちょっと韓流映画にでてきそうな 雰囲気ではありませんか?
c0122455_1413235.jpg


あら、床屋さんです。ちょっと違うけど、くるくるのマーク よく似ていますネ。
c0122455_1425029.jpg


重要な建築物の屋根には みな このようなチッコイ像がおかれています。
三蔵法師、ゴクウ、猪八戒etcなのだそうです。
c0122455_1444741.jpg


今度はソウルのトイレ事情をお話ししましょう。
トイレにはいると、ドラムのようなペーパーがあります。各自コレを巻き取って
個室に入ります。
c0122455_146295.jpg


個室の中には、大きなゴミ箱がそなえつけられています。
下水設備の まだ 整わない国ではペーパーを流してはいけません。
用済みのペーパーはこのゴミ箱にいれます。地下鉄の駅など、利用者の多いトイレでは
ご婦人がせっせと 掃除されてました。
c0122455_1491546.jpg


世界遺産を出ると、ご近所の殿方がつどって なにかしら談笑しています。
これはチョットいい光景だなぁ・・・と思いました。病院の待合室がサロンになるより
健康的です。
c0122455_14122247.jpg


街を歩いていて、友人が「ア!」と立ち止まりました。
伝統の太鼓を売っているお店でした。
c0122455_14134725.jpg


昌徳宮(チャンドックン)の樹です。
ここはアップダウンの激しい山の中で、ランニングしたり、散歩したり、市民の憩いの場に
なっているようです。特にみるものもなかったので、写真はコレだけです。
c0122455_1417317.jpg


ああもう・・・ナニがドコだか わからなくなりました。
とにかく ココも世界遺産。小学生たちが 先生に歴史をならっているのでしょう。
c0122455_14222100.jpg


このたびの旅行で、韓国のひとたちは とくに若い知識層は 日本の加害をわすれては
いないと・・・・。古くは 豊臣秀吉にさかのぼって、しっかり知っています。
わたしと友人は・・・「アレをいわれちゃ、なんも言えんよなぁ。」「うん。わが子かわいさのあまりの暴挙じゃけんねぇ・・・・。」すごすごとその場を離れたのであります。
c0122455_1425487.jpg


その昔 王様が通った道を、小学生たちが駈けています。
この道、王様の道にしては がたがたで歩きにくいのよねぇ・・・。
c0122455_14281215.jpg


思い出した!ここは宋廟だ!
歴代の王様たちがまつられているところです。ここも世界遺産。
c0122455_1438121.jpg


一面の石畳。でもね、平じゃないの。歩きにくいコトったら。
友人は「コレが韓国じゃ」といってたけど・・・・。
c0122455_1439276.jpg


もう2時です。さすがにお腹がすきました。
韓国風お焼き。卵つなぎでおいしいの。お菓子みたい。海鮮風です。
日本では「チヂミ」という名で通ってるけど、それは北朝鮮のが最初にはいったからだ
そうで、韓国ではパジョンと呼ぶのだそうです。
c0122455_14423861.jpg


ここも宋廟だったとおもうわ。
c0122455_14434267.jpg


c0122455_1444670.jpg


でんでん太鼓のようなモノを見つけました。
この図案はソウルの地下鉄の乗り換え駅の目印にもつかわれています。
格式のあるモノなんでしょうね。わからないのが チト悔しい。
c0122455_14455245.jpg


さらに続く。
c0122455_14462944.jpg


c0122455_14465163.jpg


ソウルタワーへいきました。
友人が体力ナシの(=^・^=)を気遣ってくれて、タワーの前までいく循環バスに
のせてくれました。が。このバスをおりてからも まるで 登山。ひーひー。ぜいぜい。
c0122455_1448516.jpg


友人もソウルタワーは初めてとかで、ふたりしてキャイキャイ遊びました。
タワーから見たソウルの街です。こんな風に発展してるのねぇ。
c0122455_14501744.jpg


南大門(ナンデモン)。ここは 市内一等地。でも大切に残してあるのねぇ。
南大門は通り抜けできるの。もちろん、抜けましたとも。
c0122455_1451578.jpg


ソウルのひとは携帯大好き。露天商のおばちゃんも、携帯でぺちゃくちゃ。
若いモンはもちろん歩きながらぺちゃくちゃ。
そんな中、貴重な画像ですぞ。地下鉄にあった、公衆電話です。
c0122455_14534444.jpg


友人が「ソウルマート」へ連れてってくれました。あ、ソウルデパートじゃなくってよ。
こちらは地元のひとが買い出しにくる、スーパーマーケット。
ニンジンです。泥つきのまま 山のように盛られています。これなら1本からでも買えますね。
c0122455_14555086.jpg


キムチ売り場です。多種多様なキムチが売られています。
(=^・^=)は自分のために、「無添加」のキムチを買いました。
コレデモカ!といわんばかりに、ぎゅうぎゅう巻いてくれましたよ。
c0122455_14572682.jpg


夜もふけて、明洞(ミョンドン)で、ご飯です。ミョンドンは広島でいうなら流れ川?
これはサムゲタンという、鶏一羽まるまるに もち米をつめて、おいしいスープで
やわらかく煮たものです。最初は「ゲ!」とおもったけど、いや~~~。んまかった。
ピンボケではありませんで、サムゲタンの湯気でレンズが曇ったのでございます。
(と、いうことに しとこう)
c0122455_1514081.jpg


ミョンドンの夜はふけて、道路はがっぽりホコテン状態。
屋台も出る出る。露天商も出る出る。でも写真は断られました。(T-T)
活気のあるハングリーな街。ソウル。古いものと新しいものが奇妙に調和しているソウル。
でも 少子・高齢化の問題は ちょうど 日本と同じです。
ガイドさんのお話し。「こどもに教育うけさせるのに、親は月収の半分くらい使うね。
だから、子供はひとりしか持てない。結婚年齢もどんどん上がるね。」
地球温暖化と同じくらい、深刻な問題だと思いました。
c0122455_1574415.jpg

# by nekonoheyah | 2007-11-06 15:14 | Trackback | Comments(2)

最後に・・・・。

この旅で痛感したことがあります。
日本人は特殊な民族であること。
おとなしすぎる。
意思表示をしない。
世界中のひとが集まるホテルのレストランで、
どの民族もわいわい がやがや わははは・・・・。
日本人の集団だけ、し~~~ん。
いや、お隣どうし、会話はしているんですよ。
ただ、他民族と比べて 声が小さい。身振り手振りがない。
だから、このテーブルだけお通夜みたいなんです。

旅の初めに膀胱炎を発症した(=^・^=)はトイレが異常に近いんです。
バスを止めて、フェンスをまたいで、添乗員さんと走ったこともありました。
で、ガイドさんんも気を使ってくださって、
「あと1時間くらいありますが、ここでトイレ休憩とりましょうか、どぅしましょうか?」
(=^・^=)後部座席だったので、ブラボー形式で手を打ちました。
「やっぱり拍手があったね」とトイレ休憩をとってくださいましたが・・・・。
(=^・^=)の後から 男の人も女のひとも ぞろぞろバスをおりてくる・・・・。
ナンナノヨ。どぅして意思表示しないのよ。アンタタチ。
って、思いました。

悪いのは政治家だけじゃない。
私はこう思う!ってはっきり意思表示できない国民も悪い。
なら あんたはできるの?
頑張っていこうと思います。
c0122455_2045517.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 20:46 | Trackback | Comments(0)

靴磨きのおじさん。

考古学博物館を早々に出て、前庭で休んでいました。
だんだんとツアーのメンバーも集まってきます。
これから飛行機にのって、日本へ帰ります。
長いような短いような不思議な感覚です。

靴磨きのおじさんが、観光客の中へ はいってきました。

日本でも エジプトでも トルコでも 貧富の差は歴然とあります。
でも たくましく生きている、物売りさんたち。この おじさん。
トイレで待ち構えるチップおばさん。
いろんなことを感じた7泊8日の旅でした。
c0122455_20282127.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 20:29 | Trackback | Comments(0)

エジプト考古学博物館。

館内は撮影禁止です。
ツタンカーメンの像などが(あの有名なやつ)無造作に展示されていました。
もちろんガラスケースの中にはいって、施錠されていますが、その鍵が
ところどころ南京錠だったりするのには おどろきました。
100エジプト・ポンドで ミイラの展示室にもはいれるのですが
とても見る気がしなくて。

館内に長くいると 「悪い気」を感じてなりませぬ。

死者よ・・やすらかに眠れ・・・。
c0122455_20215537.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 20:26 | Trackback | Comments(0)

カイロ大学。

バスが渋滞でとまったところに、大きいりっぱな建物がありました。
「カイロ大学」

大学の正門前で談笑する女学生たち。
この国のエリートなのでしょうね。

こういう光景をみると、割礼の悲惨さをしばし忘れ
こころが和みました。
c0122455_2072645.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 20:08 | Trackback | Comments(0)

カイロの路地。

みごとなくらい車でぎゅう!
c0122455_204936.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 20:04 | Trackback | Comments(0)

ナイル川。

川のほとりのレストランで 最後の お昼です。
帆船が流れていたので パシャ。
ナイル川って ちいさく見えるでしょう?
むこうにある緑は中州です。
中洲のむこうに、もっともっと大きな川が 流れています。

このレストランでちょっとしたコトがありました。
だされた食事、どぅみてもスプーンが欲しい。
でもテーブルにはナイフとフォークだけ。
「パードン!スプーンください!」

c0122455_1640364.jpg
すると あっちでもこっちでも
「スプーンがないと食べられないよね。」と ざわめきが。
なら ナゼ言わない!!!

飛行機の時間がせまっているので、料理がどんどん下げられていく。
(=^・^=)もパン皿をさげられそうになって、
「ノン・ノン・ノン」
すると、「ソーリー」と 返してくれました。

ツアーの中のおっちゃんが、
「食うてもおらんのに なんで 皿を下げるんや!」と激怒。
添乗員さんに激怒。

・・・・・・とられたら、取りかえせよ・・・・(=^・^=)の声。
# by nekonoheyah | 2007-10-09 16:44 | Trackback | Comments(0)

田舎のピラミッド群を出ると・・・。

物売りさんはいましたが、なあんもしてないオトコの人たちが 観光客を
ながめてました。
犬がたくさんいましたよ。
おやつをくれる おばさんに おとなしく たかっていました。
エジプトの犬は ヤセッポチね。
c0122455_1632581.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 16:32 | Trackback | Comments(0)

最古のピラミッド。

エジプト最古のピラミッド。
くずれかけています。
ピラミッド好きなお方は お早めに・・。
c0122455_16225757.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 16:23 | Trackback | Comments(0)

階段ピラミッド。

その名のとおり。階段状のピラミッドです。
c0122455_16212013.jpg

# by nekonoheyah | 2007-10-09 16:21 | Trackback | Comments(0)