人気ブログランキング |

(=^・^=)の部屋 写真館

2019年 04月 02日 ( 1 )

令和・・・・どーでもえーわ

c0122455_07305982.jpg

おはようございます。

差しさわりのおられる方、ごめんなさいね。

と、あらかじめ前置きして。


明治・大正・昭和・平成といえば
な~~~んとなく、その時代が
イメージできて、イイものです。

が。

わたしのように おつむ テンツクテンにしてみれば

これほど 迷惑なものもありません。

わたしは、自分の誕生年月日 西暦で叩き込んでいます。


ほら、
みなさまの周りをご覧ください。

カレンダー。消費期限。その他もろもろ



トーキョー2020は即 言えますが、
令和何年?

そんな 感じ。。。。おわかりいただけるでしょうか。。。。


福祉センターに へたへた出向き、なんちゃらの更新手続きをすることがありました。

私の手元が「元号・月・日」で ぴたっと止まったのをみて
男性・中年の職員さんが イライラMAXで

「あー、もーーえーです。あとはこっちで書いとくけー」
さっと、書類を引き取っちゃったです。


悔しくて、悲しくて、いまも思い出したら・・泣きながら書いています。

「ほんのチョットの手助けがあったなら、ぜんぶ 自分でできるのに」


おそらく、ですが、ご高齢の方々も
似たような思いをしたことがあるのではないでしょうか・・・


「認知症」という言葉は「上から目線」


なんもわからんじゃろ、と 思われるのは
こちら側からいえば「差別」されているにほかなりません。

ちょっと前まではもっとひどい言葉でした。

ボケ老人。
恍惚のひと。
認知症。

言い換えは続いても、そのことのはを使う方々の気持ちは
障害をもつ側にしてみれば
ビンビン 感じ取れてしまうのです。

ぐあいの悪いときには

自分は社会のお荷物だ。

こんなヤクタタズは早く死んだほうがイイんだ。



マジ、そう思います。


世の中が「元号改元騒ぎ」で号外まで出して浮かれまわっているかげで
こんな思いを抱えている(* ̄○ ̄)ア(* ̄о ̄)ホ・・・・・・((((_ _|||))))ドヨーン
が いることも 知っていてください。


お願いいたします。






<(_ _)>



ナーバスねこでした。




by nekonoheyah | 2019-04-02 07:59 | ひとこと | Trackback | Comments(11)