人気ブログランキング |

(=^・^=)の部屋 写真館

タグ:湯来町 ( 21 ) タグの人気記事

姫さまに会いたくて

え~~~っと、最初にお断りしておきますが
螢と星は「肉眼で楽しむもの」というポリシーを持っておりますので、
以下の写真は表題とは全く関係ございません。


c0122455_20464736.jpg









6月の終わりごろからずっと様子をうかがっておりましたが、
天候だったり、自分の体調だったりで
なかなか走ることができませんでした。

はい。
湯来町、某所のヒメボタルが湧くという場所。

一昨夜。決行。
ひとり螢鑑賞会です。

平家や源氏と違い、姫は発光がちかちかと鋭いのですね。
初めて観ました。

川筋に群れるゲンジやヘイケと違い、ヒメは山肌に湧きます。
「この木がクリスマスツリーのようになります」
には、時季が遅かったのですが
それでも充分でした。

あんな高いところを飛ぶのね。
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!! ロケット花火か線香花火のように
発光が尾を引いてはじける瞬間

黒い森をじいっと見上げ続けていて 首 かちんこちん。

*******

この病ですから、来年もあるさ、とは思えないのです。

動けるうちに・・・・




ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-14 07:06 | 気になる写真 | Trackback | Comments(2)

絶滅天然危惧種(ぜつめつてんねんきぐしゅ)

オオサンショウウオ

c0122455_15103058.jpg









(*゜・゜)ンッ?
なんか変だな、と気づかれたあなた。

実は・・・・


c0122455_15104193.jpg







湯来町の名産品は「こんにゃく」
これは オオサンショウウオをかたどった 子持ちこんにゃくなんです。
味付き。
うまし。



さて、頭からか尻尾からか

あなたなら、どっち?



ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-13 07:09 | スナップ | Trackback | Comments(10)

風わたる

いそいそと走ります。
湯来町 古民家 お食事処 「もみじ」さん。

渡ってくる風が、街とは全然違うのです。


c0122455_21130658.jpg










あら、まあ、奥さん。
スマホをトイレにぽちゃしてしまいましたことよ。
・・・・・そりゃあもう 大慌てさ。


でも、ダイジョウブなんです。
あれ?不思議だなぁ~~??

帰宅してPCで調べてみると、iPhone7以降は
簡易ながら、防水機能がついているのだとか。。。

以前使っていた6は
ゲリラ豪雨に負けて水没状態。
アップルの代理店へ走っていって
7200円なりぃ~~~

あら、まあ、奥さん。

新しいものって、それなりにイイモノなんですねぇ。



言わずもがなではありますが、
花影はドクダミです。


ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-05 07:12 | 気になる写真 | Trackback | Comments(4)

湯来  善福寺  8   ほんまにホンマの最後です

みなさま 長々とお付き合いくださいまして、
まことに ありがとうございました。
これをもちまして、
湯来町 善福寺シリーズ 初夏の号は締めさせていただきます。


(*゜・゜)ンッ?

初夏の号、とな?


c0122455_23111902.jpg









c0122455_23113439.jpg









c0122455_23115187.jpg










善福寺駐車場はずれに見たこすもす。
早いですねぇ。
(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!しました。

c0122455_23120446.jpg








先日、この街にあるバレエスタジオの発表会に出かけました。
この街にバレエスタジオがある、ことさえ
知りませんでしたし
グランディーバを観たことで、
バレエに対する興味も津々。

まー、おこちゃまたちは夢の妖精のように可愛かった。

(衣装が・化粧がなんて野暮なことは申しません)



あー、このクチがこのクチが憎い(笑)



ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-04 07:11 | | Trackback | Comments(4)

湯来 善福寺  7   帰り道のお花たち

いよいよ善福寺シリーズも大詰めを迎えております。
帰途、たらたらと細い参道の脇に
こんな小さなお花たちがたくさんに。。。


c0122455_23012394.jpg









残念ながら、名前がわかりません。
ちょっと一本アップしてみます。

c0122455_23013867.jpg









なにせ足腰痛むババーですので、倒れこむようにマクロっていましたら、
仕事を終えた石屋のお兄さんが車で降りてきて
「だ、ダイジョウブですかっ!!」

あーーーー、こんなパターン以前にもありましたっけなぁ。

c0122455_23015199.jpg









恥ずかしがってちゃ花の写真は撮れませんゼ。

って、
だんだんいう事が夢さまに似てきちゃったかしら。

お川≧∇≦川 おーほっほっほほ♪




ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-03 07:00 | | Trackback | Comments(6)

善福寺  6

ベランダの水やりをしなくていい、と思うと
なんだか 安心して 二度寝に突入。

おはようございます。

九州地方、線状降雨帯がかかってしまった様子ですね。
昨年の西日本を想起させる天気図です。
こんなに 広範囲に雨が降り続けると
いったい どこへ 避難すれば良いのでしょう。。。

とまあ、呑気に 善福寺の続編を。
すまんです。


c0122455_07572603.jpg










c0122455_07574660.jpg










被爆松
広島には、ひょんとした場所にこういうものが生きています。

c0122455_07580091.jpg











手水に投げ入れられたキョウカノコ。

c0122455_07583061.jpg










の、ドアップ

c0122455_08084063.jpg









先日のNHKの地方番組で
「避難スイッチ」について特集していました。

①警報に留意
②環境の異変に気付く
③ご近所同士の声かけ

行政はもう、「頼るな」と言っています。
確かに そうだろうなぁ。。と思います。
これから ますます 「共助」の考え方が必要になってきます。

わたしの場合、ピンポイントで大切な友人たちには
声を掛けられますが
もし、この地域が浸水して、
見知らぬ人たちが一斉にこの建物に避難してきたら
どう ふるまうのだろうか?と
自問しています。




ねこ





by nekonoheyah | 2019-07-02 08:18 | 気になる写真 | Trackback | Comments(4)

湯来 善福寺  5

梅雨のじとじとを久しぶりに感じています。
一番体感するのが、洋式トイレから立つとき。

(*゜・゜)ンッ?


ご想像くださいませ。

善福寺境内でみつけた花

c0122455_06461570.jpg










c0122455_06463297.jpg











で、ほほがしはを見上げてみたのがこの写真。

c0122455_06464463.jpg









おまけ

c0122455_06470277.jpg









最後のムシトリナデシコ、大好きな花です。
あまり、自分の町ではみかけなくなりました。

さびしい・・・




ねこ




by nekonoheyah | 2019-07-01 06:53 | 気になる写真 | Trackback | Comments(2)

湯来 善福寺  4

善福寺の続編です。

まずは「もりあおがえるの卵」

これがねぇ、まった デカイんですよ。

しかも 目の前。

さわりました。

ぷにぷにした触感で、案外と固い。

あちこちで撮影はしておりましたが、

触ってみたのは初めてです。

c0122455_07040721.jpg










石塁の続きです。

c0122455_07042074.jpg











石塁ではありませんが、寺の奥(山の上)にある
お堂に続く石段。

c0122455_07044866.jpg







また、しばらく お付き合い願います。<(_ _)>


ながいこと入梅のなかった中国地方も
はいったか!と思うと
やはり、すごく降っています。
今朝は ベランダの鉢物がコケていました。
Y(>_<、)Y ヒェェ!


九州北部から北陸・東北にかけての皆様
いかがでしょうか?


昨年の西日本豪雨災害を思い起こします。



ねこ



by nekonoheyah | 2019-06-30 07:14 | 気になる写真 | Trackback | Comments(4)

湯来 善福寺  3   花編

おはようございます!

寝坊しました。
ポリポリ (・・*)ゞ


今朝はかぁ~~るく花でまとめてみますね。


c0122455_08165869.jpg










c0122455_08172637.jpg











c0122455_08181480.jpg









みなさまのところ、6月の嵐はいかがでしたでしょうか?
こちらは幸い ん?雨強いかな?程度で
済みました。
こういうとき いつも 思うのですが
大変だタイヘンダ、と 予報されるのは関東中心。

いやいや。
沖縄も、宮崎も、宇和島も、道北だって
タイヘンなんすから。。。。

と、ちょっと僻んでみるのは
ご愛敬?


ねこ
















by nekonoheyah | 2019-06-28 08:23 | | Trackback | Comments(2)

湯来 善福寺  2   日谷山石塁(にっこくざんせきるい)

わたしが 心惹かれたのは この石塁です。
下の掲示にあるように、蛇の文字が使われるのは
過去に大きな山津波があった証拠。
2014年の広島市土砂災害でも
「蛇がのたうちながら転がり落ちてくる」様子を
イメージさせる地名が残っております。

(地方史を紐解いてみると、ですが)


c0122455_18355778.jpg









そして、この累々たる石積みは門徒さんたちの手で
積み上げられたもの。
もちろん、専門の石工(?)さんを
他の土地から呼んできて指導を受けながら、だそうです。

湯来町 佐々木先生談


c0122455_18361340.jpg









祖先の墓が祭られている自分たちの寺を守ろう、とする
意気込みみたいなものを感じられませんか?

c0122455_18362665.jpg









おりしもこの日、墓じまいをなさるというご婦人と
ご一緒いたしました。
石材会社の棟梁や、住職さん、地域の世話役さんの
お話しを ぼつぼつ 小耳にはさんでおりました。


c0122455_18364051.jpg









こんなに歴史のある、暮らしに根付いた遺跡が
こんな ところにあったなんて!

驚きとともに
どなたかにご紹介したいという気持ちに
駆られています。


明日にも続きます。
え?花を出せ?


( ▽|||)\( ̄ ̄*)まあまあ~♪



ねこ




by nekonoheyah | 2019-06-27 06:58 | 気になる写真 | Trackback | Comments(2)