人気ブログランキング |

(=^・^=)の部屋 写真館

タグ:通院 ( 2 ) タグの人気記事

噂の肌に優しい医療用テープ

c0122455_05412082.jpg
おはようございます。ツユクサの縦版を出してみました。手持ちの画像がまだまだ・・・で。(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、例のさらに「肌に優しい」という、試供品から、製品版を買いまして
通院時 もっていきました。
防水パッチと ガーゼだけでこのテープを貼るのとを交互にしていただき、
一日おきにシャワーをあびることができるようにお願いしました。
このあたりから、もー、だんだん図々しくなります。(笑)

外来の看護師さんが、どなたも新鮮に驚かれます。
「まー。このテープ、手で切れる」
「これ、初めてみますね。」
「どこから 出てるんでしょう。」
「ウチの病院でも買ってくれないかナァ・・・」

右近先生 いわく、「10人にひとりくらい、外科の手術をした患者で
 あなたのように、医療用テープがつらいひとがいるんです。」
と、だんだん興味を示されます。

ならば、せめてものお礼にその会社等々を調べていこうとしましたら、
ウチの賢すぎる総合プリンターが まあた へそを曲げました。(笑)
もー、Wi-Fiって わからん!

なんとか しぶしぶ 取説を取り出して、再起動から再設定。
ようやく使えるようになりました。あーくたびれた。

テープの包装に書いてあるhttpを検索しても 「ノットファウンド」えーごで書けない自分が悲しい。
「肌に優しい医療用テープ」「mmm」で検索すると ヒットしました。
どうやら アメリカが本社の会社らしいです。もちろん、日本支社もあります。

プリントアウトしたものを持っていきますと、看護師さんがとっても喜んでくださいました。

「あれから、検索したんですけど、でてこなかったんですよぉ。
こういうのに詳しい事務方に 探しておいて、って 頼んでいたんです」

もう、あんなこと こんなことを 繰り返しているうちに 外来=ガーゼ交換=右近先生の患者=ねこ
ちょっぴり 有名人になっちゃったみたいで、どのかたも にこにこと迎えてくださいます。

傷の方も、こちょこちょやっても、何もでてきませんし、
どんどんふさがってくる様子です。

あるとき、先生に時間に余裕がありそうなとき、自分が長年抱えてきた悩みを打ち明けました。
次回「B肝の呪い」に続きます。

あら、まーだ 引っ張るのね。(笑)


          みなさまのところ、風雨はいかがでしょうか?
          この進路、なんだか いやぁな感じですね。
          近畿・東海のみなさま じゅうぶんお気をつけて。
          いま、背中でTVが言ってます。
          「高潮。伊勢湾台風並み」
          ちょっと、おどかさないでよ。


                            ねこ





by nekonoheyah | 2018-09-30 06:17 | ひとこと | Trackback | Comments(4)

僕が診ます

c0122455_05431171.jpg
おはようございます。またきてますね。ヤツが。台風24号。
農家の方々が 実った果実を早々に収穫されているのをみると、胸が痛みます。

今朝の写真は ひさびさのイチガンで撮りました。
折り畳み椅子を持参して、やっこらせ、と すぐご近所で撮ったものです。

やっぱり、カンが鈍っています。


さて、ハナシを続けます。
9月12日に 右近先生のもとに駆け込んでから 連日の通院が始まりました。
ガーゼがかなり汚れているのがわかります。
こちょこちょ。。。。
「いやぁ、手術した時の糸は自然に体の中で溶けていくのですが、たまに 残ってしまう
ひとがいてるんですよ。その結び目に、もしかして、悪いものがくっついて 今回の悪さを
おこしたのじゃないか、と、結び目がでてこないか 探っているんです。」
こちょこちょ。。。。

先生の説明の仕方がおかしくて、腹を波打たせて笑ってしまいました。

こういう こちょこちょと、生理的食塩水での流し洗いを ひとくくりに
「ガーゼ交換」と呼ぶのだそうです。

右近先生の外来時間でナイにもかかわらず、
「いえ、僕 いつも そのへんをうろうろしてますから。」
土曜日・日曜日・月曜日の祝日と続きます。

「日曜、祝日は受け付けは閉まっていますが、言ってくれれば大丈夫です。
 当直の先生はいますが、内科の先生なので、僕が診ます」

ひぃえ~~~~っ!!

思わず「先生にはお休みがあるのですか?」
にこっと笑って「ちゃんと休む時には休んでますよ。家族サービスもしてますよ。」
一緒にいらした看護師さんが 可笑しそうに笑っていらしたので、
ああ、このドクターはどんな患者さんにも こういう態度で接しておられるのだな、とわかります。

わたしの「右近先生ファン度」は ますます高まるのでありました。

いまでこそ、こんなに軽快な文章に変換できておりますが、
当時は ほんとに 疲れやすく、
慣れない運転。横入りしているのだから、予約時間前には着いておかなくちゃ、というプレッシャー。
夜も おちおち眠れませんでした。
帰宅すると どど~~っと疲れがでて、漏れるのは「あ~~、疲れた」という
ため息のような つぶやきです。
自分の耳でソレを聴いて、ギョッとすることもしばしばでした。

ドレーンの抜けた穴は鉛筆いっぽんくらい。
順調にふさがっていたソレが一度ならず二度までも開き、
腹に穴が開いている、ということは こんなにも ちからが入らないことなのか、と
おばかな私にも よくよく わかりました。
もう、へろへろ~~~~・・・・
マッサージチェアがお友達。
ただ、嬉しいことに、強制ダイエットのおかげで15~6年前発表会などで着ていた服が入るようになり
しゃなりしゃなりと お洒落して 通院しておりました。

のほほほほ・・・・・(笑)


     次回は「噂の肌に優しい医療用テープ」です。
     こんな非常時に読んでくださる方、おられるのでしょうか。
     ちょっと 虚しかったりして。。。。。

                               ねこ





by nekonoheyah | 2018-09-29 06:47 | ひとこと | Trackback | Comments(12)